calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

スポンサード リンク

各種直販サイト

タブレットも購入できます

にほんブログ村に参加しています

ASUS MeMO Pad 7の感想

0

    ASUS MeMO Pad 7の感想




    最近の市場では、ASUS MeMO Pad 7がかなり売れていますね。
    OSがAndroid 4.4.2と最新なのも良いですし、何より
    コストパフォーマンスに優れた一台です。

    解像度は1,280×800のWXGAと、普通な感じではありますが、
    可もなく不可もなくといった感じで、
    WiFi接続で快適に、外でも家でも毎日使うのには
    良さそうなタブレットだと思います。

    正直、こういったタブレットは2年周期くらいで
    買い換える方が多いようですが、そのくらいの
    周期で使っていくのにちょうど良いと思います。

    最新のアプリやゲームをドンドン楽しみたい方にも、
    こういった最新のAndroidはオススメです。

    管理人も1年前に買ったスマホとタブレットを
    愛用していますが、徐々に最新のゲームなどで
    非対応のものが出てきていますので、

    常に最新のゲームをタブレットで遊びたい方には
    こういった最新でかつリーズナブルなモデルがベスト。


    また、最近のタブレットは、以前のモデルよりもさらに
    薄型になってきており、色やデザインもより
    洗練されてきている気がしますね。

    ASUS MeMO Pad 7は、6月13日に発売されたばかりの
    最新モデルで、カラーも5色から選べて、
    手軽な7インチタブレットとしてオススメです。


    ASUS ME176 シリーズ タブレットPC white ( Android 4.4.2 KitKat / 7 inch / Atom Z3745 / eMMC 16G ) ME176-WH16

    新品価格
    ¥15,724から
    (2014/7/27 15:29時点)




    Asus MeMo Pad 7 ME176 専用 レザーケース  & 液晶保護フィルム & ホコリ除去シート(小)付き 【オートスリープ機能つき】 【ハンドストラップつき】 (ME176, ブラック)

    新品価格
    ¥1,798から
    (2014/7/27 15:31時点)









    ASUS MeMO Pad HD7 ME173-16

    0

      ASUS MeMO Pad HD7 ME173-16



      asus173-16本体

      ASUSから期待の7インチタブレットが発売されました。
      NEXUS 7よりもさらにずっと安く、かなり人気がありますね。
      これは期待できます。カラーも4種類から選べます。

      カラーは「ベリーベリー・ブルーベリー」と、「ミルキー・バニラ」
      「スプラッシュ・レモン」、「ファンキー・ストロベリー」。

      かなり個性的なネーミングですが、どれもとても綺麗です。
      好みで選ばれるのが一番良いですが、指紋が一番目立たないのは
      「ミルキー・バニラ」のようです。

      1.2GHzクアッドコアCPU、1GBメモリでストレージ16GB、
      加速度センサーにデジタルコンパス、GPS機能も付いています。
      解像度も1280x800と十二分です。

      WiFiももちろんIEEE802.11b/g/nに対応。Bluetooth4.0対応。
      また本体前後にカメラを搭載しており、このあたりは
      NEXUS 7 よりも優れていますね。

      そして重量も302gと超軽量です。実際に手にとってみると
      わかりますが、7インチタブレットは軽さが武器ですから、
      この軽さはかなり有効です。

      Google Playにも対応しており、Androidバージョンも4.2.1です。
      ほぼすべてにおいてNEXUS 7を上回るスペックですね。

      今後の7インチタブレットの主流になるかもしれません。
      バッテリーも、かなり持ちが良いとの話なので期待できますね。


      ASUS ME173シリーズ TABLET ベリーベリー・ブルーベリー ( Android 4.2 / 7inch / 16G ) ME173-BL16

      新品価格
      ¥17,998から
      (2013/8/13 17:16時点)




      ASUS Fonepad ME371MG ME371-GY08

      0

        通話可能な7型タブレット「ASUS Fonepad ME371MG ME371-GY08」



        今まではNTTドコモにしかなかった通話可能なタブレットが、
        ついにASUSからも発売されました!

        しかもSIMフリーな為、いろいろな通信会社のMicroSIMカードが
        使用できます。これは初ですね。

        主にスマホだけを所有していて、まだタブレットPCを持っていない
        方には、こういった機種もいいかもしれません。

        画面サイズは7インチで、IPS液晶、解像度は1280x800、
        CPUはAtom Z2420 1.2GHz シングルコア、メモリは1GBで
        ストレージ(記憶容量)8GBと最低限のスペックですが、

        MicroSDカードスロットがあるので、SDカードでストレージの不足分を
        カバーすることはできます。

        OSはAndroid 4.1.2と新しいので、さまざまなアプリを使いこなせるので
        快適に使用できそうですね。

        WiFiはIEEE802.11b/g/nに対応しており、特に過不足はないですね。
        GPS機能も内蔵しており、またBluetooth3.0にも対応しています。

        またNexus7より優れている点として、前後Webカメラを内蔵しています。
        前面カメラは120万画素、背面カメラは300万画素と十分なもの。

        またバッテリー容量も4270mAhと、7インチ型としては大容量といえます。
        これならばモバイルでも安心して使用できる容量です。

        そして重量。持ち運びの用途が多くなる7インチ型はここがかなり重要ですが
        重さは340gと、平均的なところです。これならば手に持って操作しても
        苦にならないですが、この機種は背面のデザインがかなりスベスベなので
        ちょっと落としやすい気がします。


        ASUS Fonepad ME371MG ME371-GY08の欠点



        先ほども書きましたが、背面が滑りやすいので落とさないように注意が
        必要です。また性能的にも最低限なスペックなので、最新のスマホ等の
        スムーズさに慣れている方には辛そうですね。

        通話もできるのは大きな利点ですが、タブレットPCとしての性能だけで
        見れば、Nexus7の方が上です。

        またSIMフリーなのは非常に便利ですが、3G回線なので通信速度は
        早くはないです。LTEのような快適性は求められません。

        ネットはメールやLINEが中心な使い方で、なおかつスマホと
        タブレットを一つにまとめたい方には良いと思います。

        ASUS Fonepad ME371-GY08 グレー Android 4.1.2 インテル Atom プロセッサー Z2420 7 inch eMMC8GB メインメモリ1GB モバイル通信対応 SIM フリー ME371-GY08

        新品価格
        ¥27,088から
        (2013/5/15 21:10時点)



        Navitech 黒 合皮 カバー Asus Fonepad 7 インチ  ME371MG 対応

        新品価格
        ¥1,390から
        (2013/5/15 21:11時点)




        Nexus 7 Wi-Fiモデル16GBの口コミ

        0

          Nexus 7 Wi-Fiモデル16GBの口コミ





          今最も売れているAndroidタブレットであるNexus 7は、
          価格、性能共に非常に優れており、これからタブレットPCを
          初めて購入したい方にはイチオシのアイテムです。

          7インチ型タブレットPCとしては人気No.1ですから、当然ながら
          各種カバー類や専用のアクセサリーが非常に豊富です。

          まずOSはAndroid 4.1の最新の物ですし、CPUもTegra3 1.3GHzと十分な
          性能です。このTegra3はクアッドコアCPUで、画像の描写速度が非常に
          速く、快適で高性能。

          メモリーは1GB、記憶容量は16GBと、最近のタブレットPCとしては
          標準的なスペックです。動画もアプリも大量に入れておきたいなら
          32GB版を購入された方がいいかも知れません。

          接続端子はMicroUSBのみで、MicroHDML端子は無いですが、大型の
          モニターに接続しない限りは必要ないですし、その分
          価格を抑えられています。

          各種センサーも加速度センサー、ジャイロセンサーに光センサー、
          デジタルコンパスやGPSも内蔵しており、モバイルでの使用にも
          大変適しています。

          画面は7インチIPS液晶、解像度も1280x800と、十分な性能です。

          WiFiはIEEE802.11b/g/nに対応しており、最新のIEEE802.11aには
          非対応なところは辛いところですが、通常の用途には問題ないです。

          もちろんBluetooth3.0も内蔵しており、対応したキーボードや
          マウス、スピーカーとも接続できるのは嬉しいところ。

          なおカメラは前面のみで、120万画素カメラです。背面カメラは
          スマホ等でカバーされた方が良さそうですね。

          なおNFC対応で、他のNFC対応タブレットとのデータのやりとりが
          容易にできるので、これはぜひ活用したいですね。

          またNexus 7はバッテリーがかなり大容量で、4325mAhもあります。
          これは少し前の10インチ型タブレットPC並で、これだけあれば
          十分な時間モバイルで使用できるはずですし、

          心配な場合はモバイルバッテリーも携帯される事をオススメします。

          Nexus 7はコンパクトで軽く、重量はわずか340g。
          背面には滑り止め加工がされており、持ちやすくなっています。
          まさにモバイルに最適な1台ですね。

          発売以来、不動の人気を誇っているのもうなずけます。


          Nexus 7の欠点



          SDカードスロットが無い事と、MicroHDML端子が無いです。
          また背面カメラも内蔵していませんので、注意が必要ですが
          通常の使用では問題ない方のほうが多いかも知れません。

          その代わり低価格で便利な機能満載ですし、モバイルでの使用では
          最適な機種です。

          また専用のキーボード付ケースも多数販売されており、
          最高のモバイルマシンとしてオススメです。

          Google Nexus 7 Wi-Fiモデル 16GB

          新品価格
          ¥20,500から
          (2013/5/5 01:56時点)



          ASUS 【純正】 Nexus 7用 ドッキングステーション 90-XB3XOKDS00020

          新品価格
          ¥3,480から
          (2013/5/5 01:57時点)



          【microUSB】/7インチ専用タブレットキーボード付ケース&サイズ調整機能付 アンドロイドタブレット (microUSB 端子)

          新品価格
          ¥750から
          (2013/5/5 01:59時点)



          モバイルにオススメなタブレット、Kindle Fire HD

          0

            モバイルにオススメなタブレット、Kindle Fire HD



            モバイルでの使用に最も適しているのが、7インチ型タブレットです。
            大きさ・重さ・携帯性ともにベストバランスで、10インチ型ほどの
            大きさはないですが、それでも十分な画面サイズを誇ります。

            外出先でサッと取り出して使える機動性、高画質なHDディスプレイで
            しかもドルビーデジタルプラスで高音質を楽しめるのが
            Kindle Fire HDです。

            Kindle Fire HDで高速WiFi



            Kindle Fire HDは、デュアルアンテナ採用で非常に受信感度が良好。
            さらに、2.4GHzと5GHz帯のデュアルバンドに対応しているため、
            高速でかつ空いている帯域を使用できます。

            非常に高速なダウンロードが楽しめるのも、Kindle Fire HDの
            魅力の一つですね。

            さらに1.2GhzのデュアルコアUPUと、Imagination製PowerVR 3D
            グラフィックスを搭載しているので、重い動画もサクサク動きます。

            ディスプレイも10点マルチタッチ対応、解像度も1280x800ドット、
            反射防止技術採用で画面の反射を抑えて見やすくなっています。

            またスピーカーは背面の左右に付いているので、比較的音が
            回り込みやすく、他のタブレットよりも音質の面で有利です。

            せっかく高音質なドルビーデジタル・プラスを採用しているので、
            内蔵の3.5mmステレオジャックを使用して高音質なイヤホンや
            スピーカーを使うと、さらに音を楽しめますね。

            もちろんMicroUSBやMicroHDMLポートも搭載。フロントHDカメラや
            マイクを内蔵、さらにBluetoothも内蔵しているので、様々な
            周辺機器を使用できます。

            Wi-Fiは802.11a/b/g/nとフル対応。バッテリー容量は未公表ですが
            11時間以上連続使用可能とのことで、十分に大容量と言えそうです。

            重量も395gと軽量で、モバイル用として申し分ない軽さです。

            Amazonアプリストアで音楽も書籍もアプリも楽しめて、まさに
            価格以上に楽しめる機種ですし、Amazonを良く使われる方には最適な
            一台としてオススメです。

            Kindle Fire HDは、他にも8.9インチ型の大型版もあります。
            さらに迫力有る大画面を楽しめますので、こちらも迷うところですね。


            Kindle Fire HDの欠点



            Amazonアプリストアは、他のアップルストア等と比べると確かに
            貧弱な点はありますが、Amazonの電子書籍等を購入するのには大変
            便利ですし、これは使い分けていくのがベストだと思います。

            またバッテリーが大容量なので、別売りの急速充電器は必須です。

            Kindle Fire HD 16GB タブレット

            新品価格
            ¥15,800から
            (2013/5/3 14:15時点)



            Amazon Kindle PowerFast急速充電器 (端末には付属していません)

            新品価格
            ¥990から
            (2013/5/3 14:16時点)




            一万円以下で買えるタブレットPC「U25GT」

            0

              一万円以下で買えるタブレットPC「U25GT」



              HanyeTech U25GT 7インチタブ

              今回は、一万円以下で買える、7インチタブレットPCの「U25GT」
              をご紹介します。

              この機種はサブ機向けというか、とりあず安くタブレットPCを
              持ってみたい、他にノートPCなどのメイン機種がある方に
              おススメです。

              一万円以下の7インチタブレットとなると、当然ながら中華製です。

              CPUは1GHzシングルコア、メモリは512MBと、大体二年前の
              スマホと同程度ですが、Androidバージョンは4.1.1で、しかも
              GooglePlayにも対応していますので、動作は速くはないですが
              使用には困らないはずです。

              通常ですと一万円以下のタブレットPCは、GooglePlayには非対応の
              機種がほとんどですが、これなら最新のアプリも使えます。

              内部ストレージは8GBで、SDカードは32GBまで対応。画面解像度も
              1024×600ドットと、まさに最低限のスペックですが、
              その代わりにこの安さはけっこう魅力的です。

              タブレットPCに興味はあるけど、何万円も出したくない、スマホでは
              画面が小さいので、もうちょっと画面が大きくて安価な機種が欲しい
              方にはちょうど良い感じです。

              WiFi接続でちょっとサイトを見て回ったり、動画鑑賞程度なら性能的にも
              困らないはずですし、重さは約600gと軽くはないですが、安価で
              コンパクト、OSのバージョンも新しい7インチタブレットです。

              Amazonのレビューでも、まずまずの評価ですし、フロントカメラも
              内蔵しています。アプリで通話もできますがなぜかLINEは非対応です。

              安心できる品質とサポートの良さなら日本製タブレットで、
              何よりも安さが一番!という方には中華製タブレットがおススメです。

              タブレットPC U25GT 7インチ Android 4.1.1 1024×600 自然な日本語フォント 日本語入力 Googleプレイ対応 日本語説明書【宅】

              新品価格
              ¥7,950から
              (2013/4/20 18:21時点)



              iPad mini Wi-Fiモデル 16GB

              0


                iPad mini Wi-Fiモデル 16GB



                iPad mini Wi-Fiモデル16GBは、7.9インチディスプレイで、iPadをまさに
                そのまま小さくした機種です。重量もiPadの約半分の約308gで、持ち運びには
                最適です。



                操作も当然ながらiPhoneやiPadと全く同じで、これらを使い慣れた方なら操作も
                楽々です。大変処理速度も速く、昔のスマートフォンのように処理待ちで
                いらいらすることもありません。



                カラーもブラック&スレート、ホワイト&シルバーと二種類あり、個人的には
                ホワイト&シルバーがカッコ良くてはおすすめ。



                価格も3万円以下と、リーズナブル。携帯性、快適性ともに7インチクラスの
                タブレットとしては最高峰です。iPadでは重すぎる、という方にオススメ。



                稀にNexus7と比較されますが、iPad miniはアップルストアの豊富なアプリが使えますし、
                また背面カメラ付きで、耐指紋性コーティングで本体が僅かに軽いのが強みといったところでしょうか。



                但し画面が1,024×768ピクセル解像度とNexus7に比べてやや低く、
                またWiFiモデルはGPSが無いのがやや辛いところ。
                結局のところは、好みで選ばれるのが一番だと思います。



                iPad mini Wi-Fiモデル16GBの欠点



                これもよく言われている事ですが、ネットでブラウジング中に突然
                処理落ちする事が時々あります。これはiPadでもよく言われている現象です。
                原因はよくわかりませんが、これは早く改善してほしいところ。



                そしてスピーカー位置が本体底面にあり、音質もさほど良くはないのでイヤホンの
                使用がおすすめ。あとはGPSが無いのがやや残念な所です。


                iPad mini 16GB Wi-Fiモデル ブラック&スレート MD528J/A

                新品価格
                ¥29,918から
                (2013/3/11 13:07時点)



                Kindle Fire HD 16GB

                0

                   

                  超大手通販サイトのAmazonオリジナルモデル。

                   

                  電子書籍や動画鑑賞に特化したモデルで、 画質、音質共に7型タブレット中最高峰の評価を受けており、 ipad miniよりも高画質だとか。

                   

                  Kindle Fire HD は、ドルビーデジタルを採用し、 高音質再生も得意。また2コアCPUの採用で処理速度も 申し分無し。

                   

                  実売価格は¥15,800円の低価格タブレットながら、バッテリーも約11時間駆動と、 かなりお買い得なモデルではあります。

                   

                  デメリット

                  独自のインターフェイスを採用しており、 Google playには非対応です。動画鑑賞やWebブラウズには 適していますが、制約もあります。

                   

                  ・CPU:OMAP 4460 1.2GHz 2コア
                  ・メモリー:16GB
                  ・バッテリー:約11時間駆動
                  ・カメラ:前面HDカメラ
                  ・重量:約395g

                  Kindle Fire HD 16GB

                  新品価格
                  ¥15,800から
                  (2013/3/7 21:07時点)


                  Nexus7

                  0

                    Nexus 7の口コミ

                     

                    Nexus7は、GoogleとASUSで合同開発した、Androidタブレットです。

                     

                    7型タブレットとしては、今最も注目されている商品で、高性能CPUの 「Tegra 3」搭載。

                     

                    Androidタブレットとしては最も売れている人気機種です。 やはり性能とサイズ、そして価格の安さのバランスが絶妙ですね。

                     

                    クアッドコアCPU、大容量バッテリー(4325mAh)、最新のAndroid4.2を搭載で 実売価格が約20000円は驚異的。

                     

                    Nexus7などの7型タブレットは、片手で操作するのにちょうどいい サイズで、抜群の操作性です。軽くて小さいので、携帯性も優れています。

                     

                    また手に持った際に、裏面が滑りにくいように作られており、 大変持ちやすいです。しかもクアッドコアCPUなので処理速度も 大変速く、なおかつバッテリーも非常に長持ちです。

                     

                    このバッテリーも、容量が4325mAhと、7インチ型タブレットとしては 驚異的な大容量です。これだけ大きければモバイル用途でも、 さほどバッテリー残量を気にすることは少ないはずです。

                     

                    そして純正のドッキングステーション(3480円)がナカナカ便利で、 Nexus7を横向きにセットして、充電しながらフォトフレーム にも時計表示にもできます。

                     

                    他にもワイヤレスキーボードやワイヤレスイヤホンも使用でき、 便利なだけでなくコストパフォーマンスにも最も優れた1台。

                     

                    Nexus7は、Googleの各種サービスをフル活用でき、 マップやカーナビも大変に便利です。なおこの機種は32GB版もあり、 こちらは約25000円で購入できます。

                     

                    また大変に人気のある機種で、そのためサードパーティー製の製品が 多数揃えられており、7インチ型のタブレットPCとしては最高の 一台。オススメです。

                     

                    Nexus7のデメリット

                     

                    これは個人差があるかと思われますが、やや画面が汚いと いう意見があります。これは人によって許容範囲もあるかと 思われます。

                     

                    またバックカメラや拡張用のメモリスロットがありません。 他の部分では大体の方が「買って良かった」と評価する意見が大半です。

                     

                    なおSDカードスロットが無いのが玉にキズですが、より大容量な データを保存して使いたい方には、32GB版をオススメします。

                     

                    スペック

                     

                    ・OS:Android 4.2
                    ・CPU:Tegra 3
                    ・メモリ:1GB
                    ・ストレージ:16GB
                    ・バッテリー駆動時間:約8時間(4325mAh)
                    ・重量:約340g

                    Google Nexus 7 Wi-Fiモデル 32GB

                    新品価格
                    ¥24,000から
                    (2013/5/5 00:29時点)


                    | 1/1PAGES |