calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

スポンサード リンク

各種直販サイト

タブレットも購入できます

にほんブログ村に参加しています

意外な所にもあるWiFiスポット

0
    スマホやタブレットの毎月の通信費を抑えるため、
    できるだけ無線LANスポットを利用している方々も多いと思います。

    最もポピュラーなのはコンビニに設置された無線LANですね。
    これはコンビニ会社にもよりますが、会員カードを登録または
    メールアドレスを登録することで利用できる所が多いです。


    しかし、通信速度が遅くてちょっとイライラする場合も多いです。
    基本的に無線LANは親機から離れるほど電波が弱くなりますので、
    できるだけ親機の近くでスマホやタブレットを操作するのがコツです。

    コンビニの場合、だいたいは店舗入り口の近くに親機が置いてある
    場合が多いので、電波が弱いと感じる場合はちょっと場所を変えてみましょう。

    個人的には、無線LANはスマホのアプリを更新するときに使っています。
    アプリの更新は結構頻繁にありますし、通信量も多いです。
    無線LANで大容量通信を済ませておけば、結構データ通信料の節約もできますよ。


    そして、無線LANの穴場といえるのが、実は「道の駅」だったりします。
    この「道の駅」、意外と無線LANスポットが多いです。
    貴方の生活圏の近くにある道の駅もチェックしてみるのがオススメです。

    筆者が見つけた道の駅では、無線LANの利用者が非常に少なく、
    なおかつ接続速度が約100Mbpsという優良な所もありました。

    時々使っていますが、アプリの更新や動画の大量ダウンロードに最適です。
    ただし、セキュリティのない無線LANはなるべく控えるのが無難ですね。

    最近はかなりWiFiスポットが増えてきました。これはどんどん利用して、
    快適なモバイルを満喫しましょう!






    タブレットを2年間愛用してみた感想

    0

      タブレットを2年間愛用してみた感想




      筆者がタブレットPCとして、国産のArrowsTab F-05Eを愛用して
      早くも2年が経ちました。

      ここで、いざ使ってみて良かった事、悪かった事を書いてみます。


      ・良かった事

      1、タブレットならではの大画面(10インチ)で、アニメにTVと
      動画鑑賞には最高でしたし、ゲームも画面が見やすくて快適でした。

      2、バッテリーが大容量なので、昔のスマホほどは残量を気にせず
      楽しめ、あとはGoogleMapなどのアプリも見やすかった事。


      簡単ながら、タブの良かった所はこんなところです。



      ・悪かった事

      1、流石に大きくて重いので、手に持って操作するには不便。
        基本的には、室内で机に置いて使用するのがほとんどでした。

      2、大画面で高画質なのが良い反面、消費電力は多いです。まだ
        バッテリーが新しい時はよかったのですが、1年以上も毎日使用していると、
        流石にバッテリー性能が低下してくるので、2年経つ頃にはもう
        毎日充電が必要になってきました。

      3、これも大容量バッテリーの宿命ですが、充電時間が長いです。
        1A充電だと、残量が5%から90%近くまで行くのに10時間近く
        かかります。
        
        まあ急速充電の2Aなら、その半分くらいで充電できますが、ちょっと
        痛みも速くなるのが気になるんですよね。



      以上、タブレットの良い点・悪い点はこんな所です。まあ最近のタブは、
      以前よりさらに軽量で薄くなっているので良いのですが、それでも
      寿命はせいぜい2年くらいだろうと思いますね。

      また、熱による基板の痛みも見逃せません。製品1つ1つの寿命は
      ノートPCほどは長くはないですね。


      まあそれでも、筆者にとってタブレットは生活必需品ですから、
      2年ごとに買い換えていく予定です。

      ちなみに来月、筆者はドコモのAQUOS PAD SH-06Fを購入予定です。
      これは7インチのタブレットで、充電時間と連続使用時間のバランスで
      選びました。


      タブレットを毎日使う方は、充電時間の比較的短い7インチクラスが
      ちょうどいいのかも知れません。

      10インチも大迫力で良いのですが、いかんせん充電時間が長いですねえ・・・。






      あ、ちなみにF-05Eはもう1年くらいは使う予定です。
      ドコモの2年契約が切れても、Wifi専用機で使えますから。

      とりあえずバッテリーが完全にダメになるまで使い倒します。


      Googleタブレットは、永く使えて便利!

      0

        Googleタブレットは、永く使えて便利!



        Googleタブレットは、Nexus 7からNexus 9へと移行して
        画面サイズもより大きくなりましたが、むしろ
        動作速度のさらなる向上が際立っています。

        Nexus 9のCPU、Tegra K1の性能が逸品で、
        ゲームも動画もサクサク動くので、タブレットを
        さほど頻繁に買い換えなく、何年も愛用するタイプの方に
        オススメです。

        流石に9インチともなると、専用ケース等に入れて
        持ち運ぶことになりますが、このくらいのサイズの
        WiFiタブレットのなかでもトップレベルの処理速度ですし、
        またGoogleの製品なので、Googleのサービスとの相性も最高です。

        とくにYouTubeなどとの相性もすばらしく、
        またAndroidバージョンも最新のものが使えて便利です。

        他にも、余計なソフトが入っていない、そして何より
        各種アクセサリーも豊富ですし、7インチよりもさらに大きい
        タブレットとしては最も安心して使える商品です。


        また背面がマット調になっており、手で持っても滑りにくく、
        他社製品のようにスベスベでなく、安心感もあります。

        液晶も大半の方が「綺麗で気に入っている」という意見で、
        かなり満足度の高いタブレットと言えそうですね。


        HTC Nexus 9 ( Android 5.0 / 8.9inch IPS LCD / NVIDIA Tegra K1 / 16G / インディゴ ブラック ) 99HZF035-00

        新品価格
        ¥41,996から
        (2014/12/14 13:01時点)





        また非常に薄型の専用ケースや、専用キーボードもあります。
        Android機で専用キーボードがあるのは珍しいですね。


        【ShineZone】Google HTC (2014) Nexus 9 専用 超薄型スリムケース最軽量 (ブラック)

        新品価格
        ¥1,000から
        (2014/12/14 13:04時点)





        HTC Nexus 9 用 キーボード folio case JP 99H11710-00

        新品価格
        ¥14,431から
        (2014/12/14 13:04時点)









        Googleタブレットがおすすめな理由

        0

          Googleタブレットがおすすめな理由




          今年も残り一ヶ月を切りましたが、年末に冬のボーナス等で
          新しくタブレットPCを購入される方も多いのではないでしょうか。

          今年も非常に沢山の新機種が発表されましたが、
          この中で最もコストパフォーマンスが高く、
          快適でお得なタブレットは何かと考えてみると、やはり
          Nexus 7が一番な気がします。


          このNexus 7、発売から1年以上が経ちますが、非常に
          完成度が高く、動作も快適で、しかもAndroidバージョンは
          最新のAndroid5.0Lに対応しています。

          あ、ちなみに「5.0L」の「L」は、コードネームの
          「Lolipop」の略らしいです。


          発売当初はバージョン4.4だったのですが、これも
          1年ほどで最新のバージョンが提供されているので、本当に
          Googleタブレットのユーザーは得だと思います。

          また市場でも、Nexus 7は販売台数1位を独走していますし、
          完成度の高さがそのまま人気に反映されていますね。

          そんな訳で、今一番お得なタブレットは何か?と
          聞かれれば、迷わず「Nexus 7」ですね。

          以前より値段も安くなりましたし、まさに
          今こそ買い時といえそうです。


          ASUS Nexus7 ( 2013 ) TABLET / ブラック ( Android / 7inch / APQ8064 / 2G / 16G / BT4 ) ME571-16G

          新品価格
          ¥19,250から
          (2014/12/14 11:43時点)









          格安SIMカードで通信費を抑える!

          0

            格安SIMカードで通信費を抑える!




            タブレットに限らず、スマホでもデータ通信の費用が
            毎月けっこうかかって悩んでいる型も多いと思います。

            スマホもちょっとブームが過ぎた感があり、
            より安くて通話のし易いガラケーも見直されていますね。


            そこで、通話やデータ通信の費用をしっかり抑えたい
            型には、格安SIMカードという選択もあります。

            通話は各社のガラケーにすることで費用をしっかり抑え、
            データ通信はドコモなどの中古スマホに格安SIM。
            これなら、かなり費用を抑えられますね。


            OCNモバイルONE」のSIMカードなら、月額972円から
            データ通信ができます。

            ドコモのXi端末の各サイズ(標準、Micro、ナノ)にも
            対応していますし、通信料も1日30MBや80MBなど、いろんな
            コースもあります。

            他にも、プリペイドSIMカードもありますし、これなら
            使いすぎる心配もなく、けっこう安心です。

            また、テザリングでノートPCででもネットに繋げるので
            外出先で少しだけネットしたい、そんな人に良いですね。






            「ファブレット」は今後伸びるのか?

            0

              「ファブレット」は今後伸びるのか?



              最近、パソコン関連の雑誌で見かけるようになってきた
              「ファブレット」ですが、これは要はタブレットであり、
              同時に通話もできる機種のことを指します。

              基本的にサイズは7インチで通話も可能なので、
              雑誌では割とチヤホヤされている感がありますが、
              実際のところはどうでしょうか。


              まあ正直に言うと、単に大型のスマホなだけで、
              以前もドコモやauでこういった通話可能な7インチタブは
              発売されていましたが、正直にいうと中途半端でしたね。

              たしかにバッテリーの持ちは4インチクラスの
              スマホよりは良いのですが、大き過ぎて通話しにくいです。
              通話のしやすさなら4インチのスマホの方がマシですね。

              そしてバッテリーも、通話+ネット接続なのでキツイです。
              筆者のように、スマホ+タブレットでいくか、または
              ガラケー+タブレットの方がそれぞれの用途に適しています。


              まあそれでも、通話はあまりしないけどネットの頻度が
              高い方で、ファブレットのようにオールインワンな機種が
              欲しい方にはいいかも知れません。

              そんなわけで、「ファブレット」はあまり伸びないと思います。
              通話のしやすさならガラケー、画面の大きさと操作性なら
              7〜10インチのタブレットがオススメですね。



              タブレットの使い道

              0

                タブレットの使い道



                意外とタブレットPCの使い道や利便性をご存じない方が
                いらっしゃるようなので、今日はタブレットの使い道について
                書いていこうと思います。

                まず、タブレットとスマートフォンのOSは、Mac以外なら
                基本的に全部Androidで、機能面では通話機能以外なら
                ほとんど違いはないです。

                しかし、画面サイズやバッテリー容量がタブレットの方が
                ずっと大きいので、このあたりに利用価値があると考えます。

                スマートフォンだけでなく、さらにタブレットも使用すれば、
                通話以外の機能はタブレットPCで行えば、スマートフォンの
                バッテリーの持ちは格段に良くなりますね。

                事実、筆者もスマートフォンとタブレットPCを普段から
                持ち歩いていますが、バッテリー寿命の長さでかなり
                快適なモバイル環境を得られています。

                スマートフォンのテザリングでタブレットPCをWiFi接続して、
                どちらの機種もオンラインにして使用できますし、
                タブレットPCの大画面でアプリも操作できますから、
                快適さが全然違いますね。

                またタブレットPCも7インチクラスなら、持ち運びも楽ですし
                画面が大きいぶん、画面の操作がかなりやりやすいです。

                もちろんバッテリーも大容量の機種ばかりなので、
                まず1日は楽に持ちますね。


                そんなわけで、タブレットPCとはスマートフォンの
                バッテリー消費を抑え、なおかつ画面操作がしやすい、
                最高のモバイルギアだと思います。

                またWiFiタブレットは買い替えの平均的な時期が
                1〜2年と短く、性能の向上も目覚しいです。

                この便利さは、使った人にだけわかると思います。


                Kindle Fire HDX 8.9タブレット

                0

                  最先端の画質と扱いやすさの「Kindle Fire HDX 8.9タブレット」



                  kindleTab


                  Kindle Fire HDX 8.9タブレットは、HDを超える解像度2560x1600の
                  8.9インチHDXディスプレイが魅力のタブレットです。
                  画面の美しさでは、この製品はトップクラスですね。

                  しかも、高画質なだけでなく、処理速度も極めて高く
                  2.2GHzのクアッドコアCPUを搭載しています。

                  現在の市場に出回っているタブレットは、同じクアッドコアでも
                  1.5〜1.7GHzが普通なので、これだけCPUクロックが高いのは
                  アドバンテージと言えます。

                  メモリーも2GBと大容量で、タブレットの中でも最高峰の
                  性能です。かなりノンストレスで操作できますね。


                  OSはAndroidベースのKindle Fire OS 3.0 「Mojito」を搭載。
                  スマホやタブレットの操作性をそのままに、より見やすく
                  分かり易いインターフェイスとなっています。

                  画面サイズが8.9インチと、大きすぎず小さすぎないサイズで、
                  10インチではちょっと大きい、7インチでは物足りない…。そんな
                  方にはベストな大きさです。

                  室内でも屋外でもジャストなサイズと言えるかも知れません。


                  バッテリーも12時間駆動と余裕があります。
                  正直、モバイル機はこのバッテリー容量がかなり重要で、
                  いくら軽くてもスマホのように持たないのでは意味がありません。

                  また、このKindle Fire HDX 8.9は重量が374gと、このサイズでは
                  かなり軽い方ですし、モバイル性はかなり高いです。


                  そしてWiFiの受信性能の高さも逸品です。
                  デュアルアンテナなので受信感度が高く、WiFi電波が弱い所でも
                  安心して使用できますし、しかもIEEE802.11a/b/g/nに対応。

                  常に最大限の通信速度でネットを楽しめます。


                  そして充電ですが、MicroUSBに対応しているので、他の
                  モバイル機器に使用している充電器もそのまま使用できるのが
                  大変嬉しいところです。

                  Amazonコンテンツを思い切り楽しみたいなら、
                  このKindle Fire HDX 8.9がお薦めです。


                  Kindle Fire HDX 8.9 16GB タブレット

                  新品価格
                  ¥39,800から
                  (2014/1/18 17:19時点)




                  i-Beans(TM)【液晶保護フィルム付】Amazon Kindle Fire HDX 8.9 対応高品質PUレザーケース スタンド機能付 ペン挿し付 オートスリープ機能カバー PU Leather Case For Kindle Fire HDX 8.9 ブラック【全4色】(3880-1)

                  新品価格
                  ¥1,280から
                  (2014/1/18 17:20時点)




                  タブレットはこんな人におススメ!

                  0

                    タブレットはこんな人におススメ!



                    便利なタブレットPCですが、環境などによってタブレットが
                    合う人と、さほど必要性の無い人がいるようなので、
                    ちょっとまとめてみました。


                    まず、タブレットがおススメな方は…。

                    1、ノートPCの持ち運びが面倒。もっと軽くて、なおかつ
                    スマホより大きい画面の端末が欲しい人。

                    2、ネットは主にニュースサイトやメールのみ。そして
                    無料のスマホゲームを楽しみたい人。

                    3、日中の暇なとき、電車での移動中など、サッと
                    取り出して動画やゲームを気軽に楽しみたい方。

                    4、自宅でも、ちょっと横になってPCを見たい方、
                    スマホはバッテリーの消耗が激しいのでサブが欲しい方。



                    こんなところかと思います。
                    タブレットPCは、ボタン一つで即起動、快適にネットを
                    楽しむのには最適です。


                    そして、タブレットPCがさほど必要でない方は…。

                    1、外ではネットしない。スマホも使わない、ガラケー派。

                    2、PCは自宅だけで充分。光回線など、高速有線LANでないとイヤ。

                    3、ネットでもキーボードを多用するなど、インプットが
                    PC作業の中心の方。

                    4、基本的に現在のスマホで充分満足している。



                    こんなところでしょうか。

                    タブレットPCは、基本的には電話機能の無い大型スマホという
                    解釈でいいと思いますが、人によっては必要だったり、
                    そうでもなかったり…。といったところです。

                    筆者はタブレットPCを半年以上使ってきましたが、やはり
                    タブレットは文字入力の面では、キーボードが無い分不利ですね。
                    長文を書くのにはちょっと辛いです。

                    また、WiFiに関してですが、タブレットやスマホはサイズ上の
                    制限があるため、ややWiFiの感度は低いです。

                    逆にノートPCだと、サイズが大きい分WiFi感度が良く、
                    タブレットでは繋がらない場所でも、ノートだと繋がりやすいです。

                    やはりノートPCとタブレットは一長一短ですね。

                    まあそれでも、小型軽量なタブレットPCは筆者にとってはもはや
                    手放せないツールになっています。


                    またタブレットは商品サイクルが短いです。遅くとも2年ごと
                    には買い換えるのが普通な気がしますね。

                    どんどん高性能に、より快適になっていくタブレットPC。
                    きっとあなたのPCライフをより充実させてくれると思います。

                    タブレットの電気代

                    0

                      タブレットの電気代



                      タブレットPCもスマートフォンと全く同じように使用するので、
                      当然ながら電気代も発生しますが、正直いってPCよりもずっと
                      省電力なので、電気代はあまりかからないです。

                      まあバッテリーがスマートフォンよりも大容量なので、その分だけ
                      少々多いかなといったレベルです。
                      またタブレットの画面サイズは消費電力に比例します。

                      タブレットは基本的に、徹底して省電力な設計になっています。
                      特にAndroid4.0以上はCPUがバッテリーに優しいです。

                      なるべくタブレットの電気代を安くする方法としては、
                      夜寝る前に充電しておくことですね。
                      これなら電気代も深夜料金で済みますし、ノートPCでも同じですね。

                      またネットカフェに入った際に、座席でコンセントが使えるので
                      充電器も用意しておいて、充電する方法もあります。

                      まあ消費電力も非常に低いですから、そう気にする
                      必要も無いかもしれません。



                      | 1/3PAGES | >>