calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

スポンサード リンク

各種直販サイト

タブレットも購入できます

にほんブログ村に参加しています

これは便利! Lenovo YOGA TABLET

0

    革新的!Lenovo YOGA TABLET




    yoga tabletの画像

    Lenovoから非常に魅力的なタブレットが出ました!

    この機種は、全く新しい発想で設計されたもので、通常では
    バッテリーはタブレットの裏面に薄く配置されているのですが
    これはタブレットの端側にバッテリーを移動させています。

    こうすることで、タブレットの画面をより一層薄く作れて、
    なおかつバッテリーはより容量の大きい物を付けられます。

    またこの端にあるバッテリーは、グリップとして本体を
    非常に持ちやすくしていますし、事実電子書籍を閲覧する際に
    とても手で保持がしやすく便利です。

    これはタブレットとしてはかなり革新的なデザインですね。
    より本体を薄くし、尚且つバッテリーをより大容量にすると
    いう矛盾した要素も見事に解決しています。

    ひょっとしたら、これは将来のタブレットのスタンダードな
    形になるかも知れません。

    また、画面サイズも8インチと10インチの両方が
    ラインナップされ、非常にうれしいところ。

    しかも8インチという絶妙なサイズが逸品で、7インチでは
    少し小さいと感じる方にちょうどいい大きさですし、
    使い勝手も非常に良いです。

    また10インチという従来の大型サイズもありますし、
    正直言ってどちらも良いですね。


    YOGA TABLETはスタンド内蔵式!



    またこのタブレットは、グリップ自体にスタンドを内蔵し、
    なんと本体だけで自立できます。新しいですね。

    スタンドを起こして、机の上で立てて仕様できるのが
    「スタンドモード」で、そこからさらに角度も付けられる
    「チルトモード」もあります。

    別売りのスタンドを用意しなくてもOKなのが凄いです。

    気になるOSはAndroid4.2と最新の物ですし、CPUも
    クアッドコア1.2GHzと必要充分。メモリも1GBあります。

    そしてこのOSですが、バージョンが4.2というのは大きな
    アドバンテージですね。なぜかというと、この4.2からかなり
    快適性が増しています。

    一番の違いは、バックグラウンドで動作しているアプリを
    ボタン一つで一括して強制停止ができ、節電性が高いです。

    尚且つ、よりスムーズな処理を行えるので、最も理想的な
    バージョンなのがこのAndroid4.2な訳です。

    また液晶画面もIPS液晶で画面解像度は1280x800と見やすく、
    動画にゲームと快適に楽しめます。

    内部ストレージも16GBあり、microSDカードスロットも内蔵。
    もちろんWiFiもIEEE802.11b/g/nに対応し必要充分な機能は
    ひととおり揃っています。

    バッテリーもかなり大容量で、WiFi通信で約16時間と
    安心して長時間使用できます。


    なにより大型グリップのおかげで、タブレットの縦持ちでも
    非常に持ちやすいのが一番のポイントです。

    電子コミックや電子書籍を多く楽しみたい方には
    最高の一台になることうけあいですね。

    もちろんGooglePlayに対応していますので、
    メイン機種としてもドンドン使えますよ。


    Lenovo YOGA TABLET 8 59387741

    新品価格
    ¥25,258から
    (2013/11/23 19:39時点)




    Lenovo YOGA TABLET 10 59387979

    新品価格
    ¥34,111から
    (2013/11/23 19:40時点)



    ASUS MeMO Pad Smart ME301T ME301-16の口コミ

    0

      ASUS MeMO Pad Smart ME301T ME301-16の口コミ



      WiFi専用のオススメ10型タブレット、ASUS MeMO Pad Smart ME301T ME301-16を
      ご紹介します。

      10型のタブレットPCとして、性能面、価格的に最もコストパフォーマンスが
      優れた1台です。CPUはTegra 3 1.3GHzクアッドコア、1GBメモリ、ストレージ(記憶容量)は
      16GBと、十分な性能ですし、他の最新機種と比べても見劣りしません。

      OSはAndroid™ 4.1.1と新しいですし、Google Play対応なので快適に各種アプリが
      使えるのはうれしいところ。

      画面は10.1インチのIPS液晶モニター、画面解像度は1280x800ドットとフルHDでは
      ないですが、十分な解像度ですし、なによりWiFiがIEEE802.11a/b/g/nに対応しており、
      高速でかつ空いている5GHz帯を利用できるのが強みですね。

      このIEEE802.11aに対応しているのがミソで、高速で快適な通信を楽しめます。
      まだ未対応の機種が多い中で、これは大きなアドバンテージになりますね。

      もちろんBluetooth3.0にも対応しており、通信面に関しては、まさにこの
      ASUS MeMO Pad Smart ME301T ME301-16はフル装備です。
      価格が倍ほどする他の10型タブレットと同じ通信機能ですから、かなりお得。

      もちろんカードスロット内蔵で、microSDHCカードに対応しており、大容量の動画も
      余裕で大量に保存できます。

      現在のSDHCカードの主流は16〜32GB程度で、値段もこなれていますので、
      本体と合わせて購入されることをオススメします。
      感覚的には16GB程度もあれば、50MB程度の動画を300本以上も記録できますので、
      このくらいあれば通常の使用で困ることは無いと思います。

      もちろんmicroUSB、Micro HDMIポートも内蔵していますので、大型モニターなどの
      外部機器との接続も容易です。

      センサー類も、GPSに加速度センサー、ジャイロセンサー、光センサーと
      デジタルコンパスも内蔵しており、まさにフルスペックです。

      各種センサーと連動したアプリも多数登場しているので、これで快適に遊べます。
      なおGPSは、他の機種でもそうですが、オンラインでないと使用できないので
      注意が必要です。

      そしてWEBカメラは背面が500万画素、正面が120万画素と十分な機能です。
      ASUS MeMO Pad Smart ME301T ME301-16は、低価格でも機能が省かれることなく、
      メインのタブレットPCとして十分な機能を持ち合わせています。

      重量も580g、タブレットの厚みも9.9mmと、10型タブレットPCとしては平均的な
      サイズですし、この価格でこの性能は驚異的ですね。
      またカラーもブルーとピンクの2種類あり、なかなか綺麗な色合いです。

      そして別売りでME301T専用のFolioキーボードもラインナップされており、これは
      Bluetooth接続で使用でき、これでノートPCと同じように操作できます。
      専用設計のキーボードがあるのは大変な強みですね。

      ASUS MeMO Pad Smart ME301T ME301-16の欠点



      唯一惜しいのは、画面の解像度がフルHD対応でなく1280x800ドットのWXGAという事。
      ただし視覚的にはさほど変わらないのが実情です。

      あとはバッテリーの駆動時間がやや短いという意見が多いです。

      しかしそれらを差し引いても、このコストパフォーマンスは素晴らしいです。
      他の機種で、同スペックでフルHDとなると1万円以上は高くなりますから、
      実用的でなおかつ安いタブレットPCとしては、この機種が断然オススメです。

      ASUS ME301-BL16 ブルー Android 4.1, NVIDIA Tegra 3モバイル プロセッサ, 10 inch, eMMC16GB, メインメモリ1GB ME301-BL16

      新品価格
      ¥27,717から
      (2013/5/4 23:44時点)



      Sony Tablet Sシリーズ 3G+Wi-Fiモデル 16GB SGPT113JP/S

      0


        Sony Tablet Sシリーズ 3G+Wi-Fiモデル 16GB SGPT113JP/S



        Sony Tablet Sシリーズ 3G+Wi-Fiモデル 16GB SGPT113JP/Sは、
        9.4型WXGA液晶、解像度1280×800のAndroidタブレットです。

        OSはAndroid 3.2だったのですが、ソフトウェアアップデートで
        Android 4.0.3になり、最新のタブレットと同等に。

        NVIDIA Tegra 2 1GHzモバイルプロセッサ搭載。メモリは1GBと、
        決して特別高速ではないですが、実用最低限のマシンパワー。

        WiFiはIEEE 802.11b/g/n準拠、MicroUSBでの充電にも対応、
        前後カメラにGPSも搭載、メモリーカードスロットもあり、
        当然SDHCカードも使えます。

        バッテリーもWi-Fi使用時に約6.2時間とまずまずの容量。
        ストレージも16GBと、実用の範囲内では困らなさそうです。
        またWiFi専用モデルとしても使用できます。

        国産の10インチ型クラスのAndroidタブレットとしては、
        値段も約¥20,000-と安価ですし、安心して手軽に買える
        タブレットPCとなっています。


        Sony Tablet Sシリーズ 3G+Wi-Fiモデル 16GB SGPT113JP/Sの悪い点


        やはりスペックがやや古いですね。CPUも1GHzでメモリも1GBと、
        性能において最新のタブレットとは比べられません。
        正直に言って、約20,000円で買える安価さ以外では魅力は無い
        ですが、国産でデザインはいいですね。

        他の安価な外国産タブレットよりずっと品質がいいですし、
        タブレット初心者の方が、なるべく安い国産タブレットを
        買いたいという以外ではあまりおススメできません。

        あくまで「最も安い10インチクラスの国産Androidタブレット」
        です。予算が許すなら、もうちょっと高性能なものを
        買われたほうがいいかも知れません。

        Sony Tablet S 3G Wi-Fiモデル 16GB SGPT113JP/S

        新品価格
        ¥19,800から
        (2013/3/22 21:44時点)



        Lenovo ThinkPad Tablet2 36794DJ

        0

          Lenovo ThinkPad Tablet2 36794DJの口コミ



          Lenovo ThinkPad Tablet2 36794DJは、Windows8proを
          搭載した、AtomCPUの10.1型タブレットです。
          特筆なのは、解像度が1366x768ドット、1,677万色表示と
          高画質液晶、USB2.0ポート付きなのが他のAndroidタブレット
          よりも優れている点。



          記憶容量も64GBとタブレットとしては大容量ですし、
          充電専用のMicroUSBポート、Mini-HDML出力ポートも内蔵。
          前後カメラも内蔵、回転ロックやリセットボタンも内蔵。
          GPSや電磁コンパス、NFCもあり、タブレットとしても優秀。
          WiFiも802.11a/b/g/nに対応しており、高速通信が可能。
          またタブレットペンが付属しているので、画面に指紋の跡を
          付けたりせずに使用できます。



          バッテリーの使用時間も約10時間と大容量。
          MicroUSB接続で充電できるので、ケーブル類がかさばらず
          モバイル用途にも最適。
          重量は600gと軽くはないですが、高速なWindowsタブレット
          としてはまずまずといったところ。
          MicroSDのカードリーダーも付いており、オールインワンに
          使いこなせる機種といえます。



          Lenovo ThinkPad Tablet2 36794DJの悪い点



          新型の1.8GHzのAtomプロセッサーですが、やはり最低限の
          CPU性能です。メモリが2GBあるのでまだ快適ですが、
          やはり重い処理はやや苦手ですので、
          あくまでモバイル用に考えた方が良いです。


          レノボ・ジャパン ThinkPad Tablet 2 (Atom Z2760/64(SSD)/10.1) 36794DJ

          新品価格
          ¥78,696から
          (2013/3/19 09:09時点)





          ASUS Pad TF300Tの口コミ

          0


            ASUS Pad TF300Tの口コミ情報



            ASUS Pad TF300Tは、タブレットとキーボードを切り離して使用できる
            10インチ型Androidタブレットです。キーボード無しのモデルもありますが、
            断然サブバッテリー内蔵のキーボード付きモデルの方がお得で、おすすめです。



            ASUS Pad TF300Tは、専用キーボードとAndroid4.0のおかげで
            非常にPCライクに扱えますし、一番の目玉はAndroid端末機でありながら
            USBポートとSDカードリーダーを内蔵しているので、スマートフォンや
            デジカメとのデータのやり取りが非常にスムースに行えます。



            タブレットとしても、ノートパソコンとしても使えますし、CPUは
            クアッドコアCPUのNVIDIA Tegra 3を搭載。タブレットとしては
            高性能な機種ですし、動作も非常に快適です。
            これだけ便利なタブレットPCなら、もはや高価なWindowsPCはもう
            不要かもしれませんね。



            Google playにも対応しており、さらにサウンド面でもぬかりはなく、
            「ASUS Sonic master」オーディオシステムを搭載しています。



            さらにGPSや前後カメラ、micro HDMI出力端子を装備。全く隙のない
            オールインワンな10インチ型タブレットです。



            ASUS Pad TF300Tの悪い点



            強いて言えば、ですがディスプレイが1,280×800ドット表示と、他の10型タブレット
            と比べると解像度がやや低いですね。あとは重量が約635gと、やや重いです。



            またタブレットに多い背面スピーカーの為、本当に高音質を楽しみたい方は
            イヤホンの使用をおすすめしたいところ。
            これらを気にしなければ、非常に多機能で快適なタブレットとしておすすめです。


            ASUS Eeeシリーズ EeePad TF300 ブルー ドッキング TF300-BL32D

            新品価格
            ¥42,124から
            (2013/3/12 18:53時点)



            Arrows Tab F-05Eレビュー その2

            0


              Arrows Tab F-05Eレビューその2


              F-05eななめから


              Arrows Tab F-05Eを購入後、毎日愛用しています。
              やはり大画面でフルHDの為、画質も満足しています。また、この機種はフロントステレオスピーカーで
              しかもドルビーデジタルPlus機能付きのため、大変音質も綺麗です。
              Androidタブレットでフロントスピーカーというのは、たぶんこの機種だけでしょうね。
              YouTube等の動画鑑賞だけでなく、これで映画なども快適に楽しめるので大変快適。



              タブレットでもスピーカーが後ろに付いている機種が結構あるので、購入時の判断材料にしてもいいかも。
              バッテリーもやはり、驚異的にもってます。大体スマホの3倍以上はもつので、あまりバッテリー残量を
              気にしないで使うようになりました。特にバッテリーの残量が30%以下になってからはecoモードが動作する
              ようになるので、残量がいきなり下がることもなく使えます。


              ECOモードが不用な場合でも、設定からECOモードOFFにもできます。


              Arrows Tab F-05Eの充電は大体3日に一度くらいの頻度になってます。ただ自分の場合は普段は
              GPSやWiFiを切って使用しているので、そのおかげもあるかも知れません。



              以前は5インチのスマホ一台で電話とデータ通信の両方を行っていたので、どうしても毎日充電する事に
              なっていましたが、電話用とデータ通信用に分けて正解でした。スマホではほとんど通話のみにしか
              使わなくなり、GPSとデータ通信を切ったらなんとスマホが5日もバッテリーが持つようになりましたw



              またこのタブレットだとGoogleマップやナビも大画面で超快適、もう手放せないツールとなりました。
              7インチタブも気になっていたんですが、やはり10インチの良さを知るともう戻れませんね。



              Arrows Tab F-05Eなら地図をオフラインで表示可能


              あらかじめオンラインの時にGoogleマップで見たい地図を表示し、スクリーンショットで
              ワンタッチで撮影、pngの画像ファイルとしてギャラリーに保存できます。
              これで何時でもオフラインで地図をチェックできます。便利ですよ。

              また、地図以外の画像も、画面に表示さえされていれば、どんなゲームや画像でも
              スクリーンショットで撮影可能です。


              Arrows Tab F-05Eでテザリング



              テザリングでノートPCやスマホ、3DSを接続して使っています。これも快適。
              まれにテザリングが上手くいかないなんて話を聞きますが、ウチではまったくそういうことはなく、
              ジャンジャン使えています。ウチではタブレットをテザリングONにして窓側に置き、同じ部屋でPCなどを
              使用するスタイルです。



              まあWiFiルーターの親機ほどのパワーは無いだろうと想像しているので、
              このタブレットを一箇所に置いて、家中で使えるかは分からないですね。



              ドコモLTEの100Mbpsに対応しているので、ダウンロードも速いです。家は田舎ですが、アプリで
              計測したところ、実効速度は下り20Mbpsでした。これで十分です。



              -追記-
              この機種はバッテリーが超大容量の為、仕方ないですが充電は時間が
              かかりますね。付属品のクレードルなら3Aの大電流で速く充電が
              できますが、他のDCプラグ(シガーソケット)からの充電の場合、
              2A程度なので、充電しながらアプリ等使用するとジワジワとバッテリーが
              減っていきます。そのためスリープ状態にしておかないと充電は
              ちょっと無理です。



              なのでF-05eを使用しながら充電となると、コンセント+クレードルが
              必須となります。
              DCプラグから、0%→フル充電となると5時間は必要で、
              クレードル(台座)で0%→フル充電なら3時間半くらい?な感じです。
              なので、お出かけ前やおやすみ前に忘れず充電しておいた方が吉。
              -追記ここまで-


              -追記その2-
              30日使用し、不具合?みたいなモノを発見しました。まずは、

              1.稀にジャイロセンサー(傾斜センサー)が機能しない。
              2.待ちうけの際にフリーズ。これは一度だけなりました。

              これらはタブレットの再起動で解消されました。まあ仕方ないかと。

              あとは、これも一回のみですが、電源OFFの状態から電源ボタンを押しても
              起動しないことがありましたが、一息おいてから再度電源ボタンを押す事を
              2,3回繰り返したらちゃんと起動しました。

              まあこれらを差し引いても合格点だと思ってます。買ってよかったです。
              他の機種では、ブラウザ使用中に突然電源が落ちる物があるらしいですが、
              Arrows Tab F-05Eではそういったことは一度も起きていません。
              結構安心して使用できています。

              以上、レビューその2でした。



              ARROWS Tab F-05E 白ロム

              新品価格
              ¥40,500から
              (2013/3/7 20:43時点)



              iPad Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル 32GB

              0

                iPad (Retinaディスプレイモデル 第3世代) 16GB Wi-Fiモデル ブラック MC705J/A

                新品価格
                ¥38,500から
                (2013/3/7 20:26時点)





                iPad Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル 32GB



                現在人気No.1の地位を誇る10型タブレットです。現在の実売価格は、¥40,000-前後
                といったところ。タブレット至上最高画質のRetinaディスプレイが
                人気の秘密といったところでしょうか。



                このRetinaディスプレイ、実物を見るとよくわかるのですが、
                画面が艶やかで非常に美しいです。また、表面に特殊コーティングが施されていて、
                指紋が付きにくくなっています。このあたりは日本のメーカーも見習って
                欲しいところ。タブレットは結構、指紋や手垢が気になりますからね。



                まず処理速度の速さが逸品です。全くストレスを感じさせません。
                解像度も2048×1536ピクセルと、ずば抜けています。実物を触ってみたい方は、ソフトバンクかAUのお店、
                または家電量販店で展示されているものを実際に触れてみるといいかと思います。



                iPad Retinaディスプレイ WiFiモデル 32GBの悪い点



                まず、重いです。重量652g。巷でも言われているとおり、正直いって
                モバイルには適さないかと思われます。男性でも、片手で持って
                長時間操作するのは辛いはずです。



                10型タブレットは、手に持って操作するより、机など何かに置いて
                操作するほうが遥かに快適です。
                モバイル用途なら、7インチのiPad miniのほうがオススメです。



                また、時々フリーズするという話も聞きます。あとはiPhoneやiPadminiと同じく、
                最初はPCに接続して使う事が前提です。このあたりはAndroidタブレットとは
                違うところですね。


                iPadバカ タブレットにとり憑かれた男の究極の活用術

                新品価格
                ¥1,365から
                (2013/3/7 20:38時点)



                Arrows Tab F-05Eレビュー

                0
                  F-05e画像

                  NTTドコモから出ている、Arroes Tab F-05Eを買っちゃいました。


                  ARROWS Tab F-05E 白ロム

                  新品価格
                  ¥40,500から
                  (2013/3/7 20:43時点)



                   



                  自分の場合は、他にスマホを持っていて、タブは自宅や車の中でしか使わないので、むしろ
                  7型よりも10型の方が向いているのでこれにしました。


                   



                  やはり大型のタブレットでバッテリーも10080mahと超大容量ですし、テザリングもバッチリ。
                  性能面でもいまのところタブでNo.1なので長く使えそうです。


                   



                  ちなみにドコモの月々割のおかげで、二年間で月500円程度の負担額で買えました。
                  かなりお得だと思いますよ。


                   



                  また、僕が購入したドコモショップでは、独自サービスをやっていてタブを購入すると
                  商品券一万円分がもらえます。


                   



                  これで、差し引きで機種代金はほぼタダ同然で購入できたわけです。
                  10型タブなら、ドコモでArroes Tab F-05Eがお得です。


                   


                  F-05eななめから


                  こちらが、僕が購入したF-05eの画像。

                  やっぱ凄いです。バッテリーが。フル充電後に丸二日間電源ONのままででネットしたりテザリングしたりしたんですが、
                  まだバッテリー残量が40%程度あります。wタフすぎ・・・。


                   



                  しかも動作も速く、クアッドコアCPUってすげーって感じです。安定してますし。
                  やっぱり10型は画面が大きくて大迫力です。買ってよかった・・・。
                  なにしろ国内メーカーの富士通製ですし、長く愛用できそう。


                   



                  あと非常に便利だと思ったのは、文字を打つ際に色んな
                  キーボードが選べる事ですね。ガラケーやスマホの入力タイプだけでなく、
                  パソコンと同じQWERTYキーボードも画面下部に表示されて使用出来るので、
                  画面の大きさもあって速く快適にタイピングできます。


                   



                  そして更に、画面下部にスクリーンショットの撮影ボタンがあるので、
                  難しい操作もなく、簡単にスクリーンショットが撮影できます。
                  これは便利。


                   



                  もうひとつ。この機種は防水・防塵タイプなので、お風呂やキッチンでも使えます。
                  なんと説明書にも、「水洗い・丸洗いOK」と書いてあります。^^;
                  これはいろんな接続端子のフタにゴムパッキンが付いていて、水が中に入らないように
                  なっているんですね。


                   



                  ただ僕としては、タブレットは精密機器ですし、あんまりジャバジャバとは
                  水を掛けるつもりはないです。せいぜい濡らしたタオルで拭くぐらいに
                  とどめておきます。


                  Arroes Tab F-05Eの欠点


                   



                  やはりレビューですから、いくつか気になった点も書いておこうかと。


                   



                  まず、いささか重いです。重量は589g。

                  まあ大型タブの宿命ではありますが、軽くはないですね。両手で操作することが大前提だと思います。
                  また、イスに座って膝の上にタブを乗せて画面を操作するとかなり楽でした。


                   



                  あとはバッテリーがもう超大容量な為、やはり充電時間は長いです。付属の高速充電の専用台座で充電しても、
                  0%から100%までは5時間くらいかかるかと。まあこれも仕方ないですが・・・。


                   



                  サードパーティー製のMicroUSB端子の充電器でも充電できますが、かなり時間がかかることは覚悟が必要です。
                  車のDCプラグから充電するにしても、2Aの高出力タイプが望ましいです。1A程度ではつらいかも。


                   



                  気になったのはこの2点くらいですね。あとは不満は(今のところ)ないです。
                  まあドコモの2年縛りが切れたら、今度はWifi専用機で使えますし、買って損はないかと思います。

                   



                  以上、Arroes Tab F-05Eレビューでした。



                  OS Android 4.0

                  メモリ ROM 32GB

                  プロセッサ nVidia AP37 Max 1.7GHz(Quad Core)

                  サイズ 高さ 約 169mm×幅 約 259mm×厚さ 約 9.9mm

                  重量 約 589g

                  バッテリー容量 10,080mAh





                  | 1/1PAGES |