calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

スポンサード リンク

各種直販サイト

タブレットも購入できます

にほんブログ村に参加しています

タブレットで半年以上GPSナビを愛用した感想

0

    グーグルマップナビはどこまで使えるか?




    筆者は仕事の関係上、車で長距離を走ることが多い為
    タブレットのGoogle Mapナビをよく使用しています。

    このアプリは大変に利用者も多く、GPS精度も高いので
    なかなかに便利です。

    「これがあれば市販のカーナビは要らない」と思って
    半年以上使ってきましたが、やはり無料のアプリな
    せいもあって、ちょっと限界もありますね。

    先日、東京のお台場に車で行く用事があったんですが、
    Google Mapナビでエライ目に遭いました…。


    地図1

    筆者の車の目的地は、東京お台場のフジテレビの南側数キロ
    の地点。ナビをあてにして、画像の矢印のように
    右折していこうとしました。


    地図2

    が!右折できません。右折禁止の交差点なんです。
    マップナビでは、右折禁止とかわからないんですよね。


    地図3

    右折できず、そのまま強制的に海底トンネルへ…。^^;
    東京では車も多く、とっさに車線変更もままなりません…。
    泣く泣く数キロ走り、Uターンしました。


    地図4

    実際のGoogle Mapナビの画像。こんなんじゃわかりません。
    このナビはややこしい道には弱いんですよね。
    100%はアテにできないのが辛いところ。


    地図5

    正解ルートはこちら。地図を見て判断しました。
    Mapナビは地図と併用して使うなら有効だと思います。

    こんなわけで、Google Mapナビは万能ではないです。
    完全に全部をアテにすると筆者のように失敗します。

    また自立航法の機能は無いので、地下トンネルでは
    上手く位置情報をつかめません。
    あくまでGPS情報のみですから、限界があります。


    一長一短がありますので、まとめてみました。


    Googke Mapナビの問題点



    ・GPSのみの為、目的地まで全部のルートを表示できない
    場合がある。(複雑なルートの場合)

    ・車線案内が無いので、2車線のうちどちらを走れば良いか
    分かりにくい。

    ・稀に理不尽なルート案内がある。(最短の時間で到着する
    ことが優先な為、Uターンして高速道路に向かわせるなど。)

    ・陸橋の上で「右折して下さい」などと言う場合も…。
    陸橋手前の側道に入って右折するなどの細かい案内が苦手。

    ・スマホやタブレットのバッテリー駆動なので、
    長時間の使用は消耗が激しく、シガープラグからの充電で
    カバーしてもバッテリーが高熱になるなど負担が大きい。


    こんな感じで、あくまで運転の参考位にするのがベストな
    気がします。ただ知らない道を走るのには役立ちます。

    逆に、利点も結構あるのでまとめてみました。



    Google Mapナビの利点



    ・間単にアップデートで最新の地図が見られる。

    ・リアルタイムで道路の渋滞などが見られる。
    渋滞時は道が赤線で表示されるので便利。もちろん
    高速道だけでなく一般道でも表示される。

    ・高速道路でならGPS航法のみでもかなりいける。
    最新のインターも表示されるので快適。
    初めて交通量の多い首都高を走る場合も安心。

    ・夜間やトンネル内など、周りが暗くなると自動で
    夜間用表示に切り替わるのでかなり見やすい。

    ・無料なので大変お手軽。


    こんなところですね。まさに一長一短ですが、特に
    最新の地図が見られるのはかなり良いですね。

    試しに東京ビックサイトの地図を見てみます。


    地図6

    もちろんスクリーンショットで画像を保存できるので
    激しく便利です。ちなみにAndroid4.0以降ならボタン一つで
    保存できるので便利です。2.2などの古いバージョンは×。

    上の地図をそのまま航空写真に切り替えます。


    航空写真1

    Mapで航空写真も見られるのはかなり便利ですね。
    これで建物の入り口・駐車場などが確認できます。

    そしてストリートビュー。東京ビックサイトを見てみましょう。


    ストビュー1

    初めて行く場所などを確認するのには最高ですね。
    これは仕事だけでなく、旅行にも使えて最高に便利です。

    タブレットなら大画面で見られ、しかもバッテリーも大きいので
    安心して長時間利用できます。

    なおWifi専用モデルのタブレットであっても、スマホからの
    テザリングでMapナビが使用できます。



    Google Mapナビの結論。



    ・仕事として使うならナビ機能は少し不安、確実な精度を
    求めるなら専用のカーナビにするべき。

    ・たまにしかカーナビを使わない、ナビにお金をかけたくない
    人にはMapナビ。


    なお最近のカーナビは2万円以下でも充分な商品が多いです。
    スマホと違ってバッテリーの心配もなく、なおかつ道路のどの車線を
    走ればいいか案内もされますし、やはり専用機が最強ですね。

    国産のユピテルが人気もあり、性能もバッチリです。




    ユピテル 7.0v型ワンセグ内蔵ポータブルナビゲーション YPB708si

    新品価格
    ¥18,500から
    (2013/11/17 07:13時点)




    ユピテル 5.0型 ポータブルナビゲーションYUPITERU drive navi YPL514SI

    新品価格
    ¥10,200から
    (2013/11/17 07:15時点)