calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

スポンサード リンク

各種直販サイト

タブレットも購入できます

にほんブログ村に参加しています

今後のタブレットPCはこうなる!?

0

    今後のタブレットPCはこうなる!?



    ノートPCに変わるモバイルギアとしてシェアを拡大している
    タブレットPC。この勢いはすばらしく、

    タブレットを購入してからは、ほとんど自宅のノートPCを
    開いていない方もいるくらいで、その利便性は
    ちょっと他にはないですね。

    そして、このタブレットPCは今後どのように進化していくのか、
    ちょっと予想してみました。


    まず、筆者が一番気にしているのは発熱の問題。
    これをいかに効率よく放熱するか。これはメーカーもかなり
    気にされている部分でもあるかと思いますが、

    これはタブレット本体、つまり背面側を現在の樹脂製ではなく、
    非常に放熱性の高いアルミにしていくべきだと思います。

    こうすることで飛躍的に放熱できるわけですが、
    最近になってドコモの「dtab」が背面にアルミを採用しだしました。

    今後は他のメーカーもタブレットの背面に、同じように
    アルミなど放熱性を考慮した素材を使用していくと思います。

    また同時に低電圧化も行い、発熱自体も抑えてほしいですね。
    現在はタブレットの過渡期ですから、まだまだ
    進歩の余地はあると思います。


    MicroUSBは淘汰される?



    現在タブレットPCやスマートフォンで採用されている
    MicroUSBですが、正直に言いますとちょっと不便ですよね。

    これはMicroUSBは裏表があって、間違えて差し込みやすいんです。
    また構造的にもやや強度不足で、壊してしまう例が多数あります。

    あきらかにiPadなどのLightningコネクタの方が優れています。
    なにしろ裏表がありませんから、挿し間違いもありません。
    構造的にも壊れにくいです。

    今後はMicroUSBは廃止されて、Lightningコネクタのように
    利便性の高いコネクターが採用されるようになるのではないでしょうか。


    またタブレットはスピーカーの位置に問題があります。
    背面スピーカーではタブレットの置き場所によって聞こえ方が
    違ってきますし、絶対に前面にあった方が良いです。

    恐らくは今後は前面スピーカーの機種が増えてくるのでは
    ないでしょうか。

    また現在タブレットPCの画面サイズは7インチ型と10インチ型が
    ほとんどですが、今後は11.6インチ型など、もっと大型の製品も
    出てきそうですね。

    実は当サイトは、「大型タブレット」「タブレット 大型」などの
    キーワードで検索エンジンから人が来ることが多いです。
    やはりそれだけ需要があるということでしょう。

    重量やコストの関係もありますが、もう少し大型の
    Androidタブレットも今後は増えていく気がしています。
    あとはバッテリーもより大型化しないと駄目でしょうね。


    そんなわけで、今後はより便利で快適なタブレットPCが続々と
    登場してくると思います。

    1年後、2年後はどんな素晴らしい製品が登場してくるか、
    今後も楽しみですね。期待しましょう。


    タブレットPCを選ぶコツ

    0

      タブレットPCを選ぶコツ



      これから初めてタブレットPCを購入するという方の為に、
      後悔しないタブレットの選び方をお教えします。

      1、なるべく新しいモデルを選ぶこと。

      なぜかというと、やはり旧式の物はスペックが低いですし、
      正直いって不具合を抱えている機種もあります。
      その辺りを改善しているのが最新モデルですし、
      最新こそがベストです。

      またAndroid3.Xが標準OSになっているモデルはなにかと
      問題点が多かったです。Android4.0以降を搭載したモデルは
      まず大丈夫です。オススメできます。


      2、クレードル(台座)付きモデルがベター。

      タブレットPCは、イスに座って使用する際は、必ずと言っていいほど
      台座が必要になります。この台座があるとないとでは大違いです。

      これが無いと片手で操作しにくいですし、なおかつ同時に充電できる
      クレードルがあると非常に快適です。

      稀にクレードルが別売りになっていて、しかも定価が5,000円というような
      やたら高価な機種もあります。これはお得ではありませんね。
      2年程度で古くなる物にこれはないと思います。


      3、ホスト機能付きMicroUSBコネクタ搭載モデルがオススメ。

      ホスト機能というのは、充電だけでなくマウスやキーボード等、
      周辺機器が使用できる機能です。

      まれに安価な外国製モデルでは、MicroUSBからは充電しかできない
      機種もあるので注意が必要です。


      これらの条件を満たした機種ならば、あとは貴方の好みのデザイン、
      予算と画面サイズで選ばれればまず失敗はないはずです。

      タブレットPCがあれば、便利で快適、使い切れないほど多機能ですし、
      楽しいモバイル生活をエンジョイできると思います。

      これからもまだまだ魅力的な機種が出てくるはずです。
      今後も目が離せませんね。

      タブレットPCを充電する際の注意点

      0

        タブレットPCを充電する際の注意点



        タブレットPCを使用していて、バッテリー残量が減ってきた際に
        充電を行うわけですが、充電中にタブレットPCが高温に
        なりすぎた場合は自動的に充電を中心する機能があります。

        Android4.0以上の機種はこういった機能が
        内蔵された製品が多いようです。逆に2.0くらいの古い
        製品にはこういった機能はないようですね。


        何も操作を行わずに充電していれば、途中で止まることは
        少ないのですが、カバンの中に入れたままモバイルバッテリーに
        繋いでいると、充電で発熱して熱がこもってしまう場合が
        ありますので注意が必要です。

        他にもクレードルなどで急速充電を行いながらタブレットを
        操作していると、バッテリー+CPUの熱で充電が中心される
        事があります。

        これらは機械を保護するための機能ですので、
        一旦タブレットPCを休ませて冷ましてから充電するといいです。

        特にこれからの時期は熱が逃げにくくなって高温に
        なりやすいので注意しましょう。

        対策としては、タブレットを直射日光に当たらないように
        したり、充電の際は急速充電ではなく1A程度の弱めの
        充電を心がけましょう。

        高温はバッテリーもCPUも痛めてしまい、寿命を縮めます。
        熱暴走だけは起こさないようにしたいものです。


        おすすめのタブレットPC(2013/5/19現在)

        0

          当サイトおすすめのタブレットPC(2013/5/19現在)



          タブレットPCを買いたいけど、沢山ありすぎてどれがいいか
          わからない!そんな貴方にオススメしたい、当サイトの
          オススメなタブレットPCを紹介します。

          基準としては、最新スペックで価格もリーズナブルな機種を
          選んでみました。以下のとおりです。

          10インチ型Androidタブレットでは、

          Xperia Tablet Z Wi-Fiモデル SGP312JP と、
          ARROWS Tab F-05E がオススメです。

          実は2機種ともほとんど同じスペックで、防水・防塵使用です。
          まさにフルスペックで、タブレットとしてどんな用途も
          自在にこなせます。

          ARROWS Tab F-05Eは筆者も愛用していますし、性能も良くて
          かつ値段も安く、コストパフォーマンスはNo.1だと言えます。

          今後2年間は、性能的になんの不満も無く使えるはずです。


          そして7インチ型Androidタブレットでは、

          Nexus 7 Wi-Fiモデル 16GBが断然イチ押しですね。
          価格とスペックのバランスが最高です。

          「とりあえず良いもの」となると、これ以外はないかなと思います。


          そしてアップルのiOSタブレットでは、

          iPad mini Wi-Fiモデル 16GB MD528J/Aがベストな選択です。

          この機種の7.9インチという画面サイズは絶妙ですね。大きすぎず、
          小さすぎないので最高です。

          逆にiPadは重過ぎてオススメできません。あれを両手に持って操作するのは
          正直言って苦痛です。筆者は数分しか持てませんでした。

          手っ取り早く、高性能で快適な機種ならこれら3機種がオススメですね。

          ソニー Xperia Tablet Z WiFi SGP312メモリ32GB ブラック

          新品価格
          ¥56,710から
          (2013/5/18 15:13時点)



          ARROWS Tab F-05E 白ロム

          新品価格
          ¥38,750から
          (2013/5/18 15:14時点)



          Google Nexus 7 Wi-Fiモデル 16GB

          新品価格
          ¥20,480から
          (2013/5/18 15:16時点)




          タブレットPCの長所

          0

            タブレットPCの長所



            素晴らしく普及してきたタブレットPC。今回は、そんなタブレットの長所を
            考えてみました。

            他のデスクトップPCなどと比べた場合、確かにマシンパワーでは劣るものの、
            圧倒的に燃費がいいというか、電気代があまりかかりませんね。

            これはノートPCでもそうですが、それなりに大きいバッテリーを搭載して
            いるので、一度充電してしまえば、あとはバッテリー残量が尽きるまでは
            電源不用です。電源の無いところでも使えるのが強みですね。

            それも、電気代の安い深夜に充電しておけば、なおさら安く上がります。

            逆にデスクトップPCですと、常にコンセントから電源を供給しなければ
            使えませんし、ちょっと高性能なデスクトップPCですと、月々の電気代が
            プラス2万円くらいかかります。^^;

            その絶対的な性能と引き換えとはいえ、これは一人暮らしの方などには
            かなり堪えるはずです。ネットの通信料金に加えて、電気代もかなり
            かかるわけですから、デスクトップPCは大食らいと覚えておきましょう。


            たとえば10インチ型タブレットPCなどですと、一度満充電にすれば
            丸一日はそのまま持つはずです。電気代はデスクトップと比べたら
            雲泥の差になりますね。

            また、そうめったにはないですが、停電時もバッテリー駆動で使えます。
            つまり災害にも強い訳ですね。

            こういったわけで、ノートPCやタブレットPCは電気代も安く上がり、
            結果的に月々の総負担額も安く済みますのでお薦めです。

            ちなみにですが、裏技として、筆者はネットカフェに入ったときは、必ず
            スマホとタブレットをコンセントに繋いで充電してます。
            セコイかも知れませんが、そんな使い方もできるのがメリットですよね。

            各携帯電話会社のタブレットPC比較

            0

              各携帯電話会社のタブレットPC比較



              通常のWiFi専用タブレットPCとは別に、各種携帯電話会社
              からも色んな種類のタブレットPCが販売されています。

              これらはWiFiモデルと違って、単体でネット接続できるタイプが
              ほとんどです。データ通信契約が前提になります。

              データ通信契約の月々の料金は各社さまざまな料金プランが
              あり、ここでは割合しますが、各社さほど大きく変わらない
              と思います。

              大きく違うのは各社のタブレットPC機種のラインナップです。
              簡単にまとめてみました。(2012年5月現在)

              au

              タブレットPCのラインナップは最も乏しいです。
              7インチ型Android機種が2種類のみになります。これですと
              選択肢は非常に狭いですが、テザリングを使用することで
              WiFi専用機の他の大型タブレットを使用する手もあります。


              ソフトバンク

              アップル社のiPadとiPad miniのみになります。
              OSはiOSのみになるので、Androidタブレットはありません。

              しかしサイズや性能的にも優秀なiPad miniがあるのが
              強みといったところでしょうか。


              NTT ドコモ

              最もタブレットPCを多くラインナップしており、全てOSはAndroid
              になりますが、旧モデルを含めると約8種類あります。

              サイズもMEDIAS tabの7インチ型から7.7インチ型、そして
              10インチ型も4種類程あります。

              筆者はこの中のArrowsTab F-05Eを愛用しています。
              PCに近い操作性で非常に快適ですよ。

              豊富なラインナップを誇るドコモがオススメですが、あとは
              お好みで選ばれるのが良いと思います。

              各携帯電話会社のタブレットの優位性



              やはり何よりもテザリングでWiFiルーターとして使用できる点が
              大きいですし、単体で常時ネット接続できるのが強みです。

              もちろんスマホでも同じではあるのですが、バッテリー容量がかなり
              違いますし、通話しない分長時間駆動が可能です。

              接続料金のかからないWiFi専用モデル、そして
              便利だけど2年縛りのある携帯電話会社のタブレットと、それぞれ
              一長一短がありますが、活用シーンに合わせて選んでみて下さい。


              タブレットPCのサイズの種類

              0

                タブレットPCのサイズの種類



                タブレットPCのサイズを、種類別に分けてみました。
                シチュエーションごとに最適なサイズがありますので、
                ぜひ参考にしてみて下さい。

                5インチタブレット



                現在ではもうあまり見かけませんが、最も小さいサイズです。
                中国製で非常に安価な商品がありますが、CPUもメモリーも
                非常に性能が低く、おススメできません。正直言って、
                これなら4インチクラスのスマホの方がずっと高性能です。

                非常にコンパクト、という以外にはメリットは無いですね。


                7インチタブレット



                現在、最も人気の高いサイズです。画面の大きさに、軽さ、
                バッテリーのもちの良さ、値段の安さとバランスがいいです。

                カバンに入れてもかさばらす、それでいて外出先でサッと
                取り出して使えるので、非常に勝手がいいです。

                外へ持ち歩いて使用したり、スマホに近い感覚で使用される
                なら、このサイズがベストです。


                10インチタブレット



                こちらも人気の高いサイズで、7インチでは画面が小さいと感じる
                方や、より大容量なバッテリーで駆動時間の長さを求めるなら
                こちらがおススメです。7インチよりもさらに見やすく快適です。

                自宅でも、外出先でも快適に使用でき、絶妙なサイズですし、
                ラインナップもなかなか豊富です。

                なお、外出先で手持ちで操作する場合、このサイズまでが限界だと
                思います。この10インチよりも大きいと、とたんにモバイルとしての
                快適性が犠牲になりますので要注意。

                また重さ的にも、だいたい650g以上のタブレットは重く感じます。
                iPadなどは重すぎて野外ではやや扱いにくく感じます。


                11.6インチ以上のタブレット



                非常に大型のタブレットで、重さも1kg前後の機種がほとんどです。
                機動性は犠牲になっていますので、主に自宅メインで使用される方に
                おススメです。

                横になって寝ながら大画面で動画を鑑賞したい方や、
                自宅のWiFi環境でのみ使用される方には快適ですし、超高解像度で
                アニメやゲームを楽しむのに向いています。

                このサイズですと、各種大手メーカーのWindows8搭載の機種が
                非常に豊富です。

                その代わり巨大で重いので、外出先へ持ち出すのはかなり大変です。
                自宅用としては最も快適なクラスだと思います。

                またこのくらい大きいと、もうノートPCとの境目があやふやに
                なりますが、画面の見やすさならダントツです。


                NEC Direct(NECダイレクト)

                正確なタップのコツ

                0

                  正確な「タップ」のコツ



                  タブレットPCを指で操作していて、時々タップをうまく
                  認識してくれない時があったりしませんか?

                  「タップ」とは、指でチョンと画面をタッチする動作
                  なのですが、スマートフォンやタブレットでは、
                  静電式といって、指が画面に触れた際に画面上のごく弱い
                  電気の流れの変化を感知して、タップされた部分が分かる
                  ようになっています。

                  しかし同時に、画面にその指が触れた面積も感知しているので
                  その触れた面積がやや小さいと、うまくタップを認識しては
                  くれないわけです。

                  そこで、タップのコツは、「画面に触れる指の面積を大きく」
                  することです。感覚的には、画面を指で押した際、指先の
                  ごく小さい面積で触れるのではなく、画面に指を押し付ける
                  感じでタップしてみて下さい。

                  これだけでも、タップミスがかなり減るはずです。
                  タブレットの画面の反応が悪いように感じる方は、
                  是非一度お試し下さい。


                  Kindle Paperwhite 口コミ

                  0

                    Amazon Kindle Paperwhite



                    Kindle Paperwhiteは、手軽な6インチ型電子書籍リーダーです。
                    まさに最先端の読書用タブレットで、文字サイズも八段階調整でき、
                    書体もゴシックと明朝が選べます。

                    もちろんWiFi対応で、PCを使わなくても読みたい本がダウンロード
                    できます。更に国語辞書、和英辞書を搭載。
                    また外国語の翻訳ソフトもプリインストール済みで、外国語の本も
                    快適に読む事ができます。

                    画面のバックライトも目に優しい設計になっており、なんと
                    明るさを25段階も調整可能。昼も夜も快適に読書ができます。
                    省電力設計、大容量バッテリーの為、大変長時間使用できますし、
                    重さも213gと超軽量。快適な読書が楽しめます。

                    また本を読み終えるまでの時間をリーディングタイム機能で
                    お知らせしてくれます。まさに至れり尽くせりの
                    最先端な読書専用端末です。

                    現在、無料で読めるタイトルは1万冊以上あり、これ1台で
                    とことん読書できますし、1000冊以上保存でき、いつでも
                    好きなときに好きなだけ読めます。

                    Kindle Paperwhiteは、まさに最高の電子書籍リーダーです。
                    これが送料無料で¥7,980-と、まさに読書好きな方には最高の
                    タブレットと言えるでしょう。

                    Kindle Paperwhiteの悪い点



                    悪い点は、バックライトの明るさに若干のムラがあり、暗い所で
                    画面を明るくするとやや目立ちます。
                    また読書専用の為にモノクロ画面です。通常のタブレットとは
                    また種類が違いますが、それでも電子書籍リーダーとしては
                    現在最高の1台です。

                    Kindle Paperwhite

                    新品価格
                    ¥7,980から
                    (2013/3/27 16:38時点)




                    Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、オニックスブラック (Kindle Paperwhite専用)

                    新品価格
                    ¥3,499から
                    (2013/3/27 16:40時点)




                    タブレットPCのバッテリーのもたせ方

                    0


                      タブレットPCのバッテリーのもたせ方



                      タブレットPCを使用していくうえで、避けて通れないのが
                      バッテリーの劣化です。そこで、なるべくバッテリーに負担を
                      かけないで使用して、バッテリーの寿命を短くしないための
                      方法をご紹介します。

                      タブレットPCに使用されているのは、リチウムバッテリー
                      ですが、これは過充電などで高温にさらされると痛みます。

                      基本的には充電時にバッテリー容量が100%になれば、
                      自動的に充電が止まりますが、100%までキッチリと電気を
                      送るのではなく、容量が90%以上になった辺りで充電を
                      止めてあげると、バッテリー側の負担は軽くなります。

                      また充電自体も、急速充電はやはり負担になります。
                      あえて2Aで充電せずに、1Aなどで時間をかけてゆっくり
                      充電してあげると、バッテリーの発熱も低くなりとても
                      理想的です。

                      また、ケースに入れたまま充電するのも避けましょう。
                      ケースが断熱材になって、バッテリーの熱が逃げにくく
                      なり余計に高温になってしまいます。

                      同じ理由で、夏場は高温になる場所に保管しないように
                      しましょう。とにかくバッテリーが高温になることを
                      避けるのが大事です。

                      あとは余分な電力を消費しないように、節電アプリを活用
                      するのも効果的です。GPSなどもこまめに切りましょう。
                      節電のコツはスマホと同じですね。

                      自宅で使用する際など、充電しながらタブレットを使用するのも
                      実はバッテリーに負担がかかっています。充電と放電を
                      同時に行う事になるので、できれば避けた方が無難です。

                      また、タブレットPCは電源ON時の起動も速いので、
                      明らかに数時間は使用しない時などは、電源を切っておくのも
                      とても有効です。

                      これらの方法で、バッテリーの消費電力を抑え、結果的に
                      長寿命化に繋がります。この方法を是非ご活用下さい。



                      << | 2/3PAGES | >>